徳島県の将来と医療者のニーズ

シェアする



徳島県

徳島県といえば、阿波踊りや鳴門海峡大橋、徳島ラーメンが有名です。

産業では、LED社エア世界一位の日亜化学工業や、医薬品メーカーの大塚製薬があります。糖尿病や高血圧患者が多く、小学生の肥満率も高いです。そのため、病院や医師が多いと言われます。

また、女性の社会進出も進んでいます。製造業を積極的に誘致している徳島県の医療の現状は?徳島県の作成した保健医療計画と地域医療構想から、今後の医療従事者の需要について考えていきます。

徳島県の人口は減少傾向

(2019.4.1)
総数:731,069人
男性:348,650人
女性:382,419人

徳島県の将来人口推計

徳島県の人口は75万人ですが、2025年には68万人まで減少する予想です。また、65歳以上の高齢者は2020年を境に横ばいとなり、2025年以降は減少に転じます。




徳島県の高齢化率は33.4%

徳島県の高齢化率は全国平均より高く、2040年には40%へ届く予想です

徳島県の二次医療圏と地域医療構想区域

徳島県は3つの医療圏と構想区域に分けられます。県庁所在地の徳島市は、東部にあります。

徳島県の病院数、診療所数span>

徳島県の病院数は人口に対して全国平均より充実しています。反対に、診療所数は、人口に対して全国平均より不足しています。

徳島県の病床数

徳島県の病床数は人口に対して全国平均より充実しています。

徳島県の医療従事者数

医師・看護師

徳島県の医師、看護師は、人口に対して全国平均よりとても充実しています。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

徳島県の理学療法士、作業療法士はとても充実しています。言語聴覚士の数は調査中ですが、多いと予想されます。

徳島県の今後の医療方針

徳島県は2025年にかけて約3000床が過剰になります。急性期病床、慢性期病床が過剰となる予想ですが、回復期病床は不足します。また、慢性期病床は在宅医療へシフトする方針です。

徳島県リハビリテーション協会

公益社団法人 徳島県理学療法士会(約1000名以上所属。2019.5.1)
一般社団法人 徳島県理学療法士会(約600名以上所属。2019.5.1)
徳島県言語聴覚士会(約170名以上所属。2019.5.1)

徳島県の全国ランキングベスト3圏内

・呼吸器科医師数
・内科医比率
・循環器医師数
・整形外科医師数
・女性医師数
・薬剤師数
・理学療法士数
・作業療法士数
・男子小学生肥満率

びっくりです!! 徳島県は医師数がとても多いです。人口が多いとは言えないのに不思議ですね。徳島県は、医師数を確保するために、徳島大学医学部では地方枠が設けられており、卒業後に数年間は徳島県で働くことになっている事も、理由の一つでしょうか。徳島大学医学部は歴史もある大学です。病院や医師が多いので、理学療法士、作業療法士も多くなっていますね。

徳島県民の年収

平均月収:440万円
平均年齢:42.4歳
平均勤続年数:12.4年

徳島県の県民性

・人懐っこい
・ロマンチスト
・質素倹約
・値切り体質

徳島県の医療需要と転職・求人まとめ

徳島県は高齢化率が30%を越えており、2040年には40%の大台にのる予想です。医療機関数や医療従事者数が充実しており、高齢化による医療需要に十分対応できそうです。2025年にかけて約3000床の病棟が過剰となります。特に慢性期病床が過剰となるため、在宅医療へシフトさせる構想です。そのため、在宅医や訪問看護ステーション、訪問リハビリの需要が高まります。しかし、2025年を境に高齢者が減少に転じるため、医療従事者が充実している徳島県では、転職するなら今が絶好の機会といえます。

徳島県への転職を考えている方はこちらの記事を読んで下さい。
給料を上げる方法や転職のコツを載せています♪

転職サイトランキング、転職のコツ(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)

コメント

  1. […] ) 理学療法士 ? / 58.5 作業療法士 ? / 34.6 言語聴覚士 ? / 11.9 保健医療計画に県内の人数のみ記載されていました。 徳島県まとめ⇒徳島県の保健医療計画と地域医療構想 […]