私学共済の特徴とメリット

シェアする




私学共済

私立学校に勤務する加入者とその被扶養者の健康の保持・増進を図る事業を行う保険者のこと。事業内容は主に3つです。
1.短期給付事業

加入者とその扶養家族の病気やケガ、出産、死亡、休業、災害等に対する給付

2.年金等給付事業

加入者が定年、障害、死亡などの状態になった際に給付

3.福祉事業

健康維持増進のための事業や病院運営、保養所の運営、積立貯蓄、貸付業務を行う。また、積立共済年金、共済定期保険なども

 

私学共済の嬉しいメリット

  1. 結婚手当金が8万円給付される!
  2. 保険料率が低い!
  3. 傷病手当金が8割支給!
  4. 積立貯金が高利率!

私学共済のお得なお金のお話はこちらをクリック私学共済の積立貯金と積立共済年金制度 

私学共済の保障内容は充実している

私学共済の保障

療養の給付

かかった医療費の一部を自己負担するだけで、病院での医療(診察、手術、検査など)を受けられる保障。

現在は3割の負担(70歳未満)で公的医療が受けられる。

高額療養費

医療費が高額になる場合に、自己負担したお金が一定額を超えると払い戻しを受けられる制度。負担額は所得に応じて変動される。

組合によっては、高額療養費の上限を月2万円程度に設定している所もある。

傷病手当金

病気やケガをして仕事を休んで、勤務先から給料がもらえなかったり、減額されたりした場合の保障。

標準月額報酬の8割が支給される。(期限あり)

出産手当金

女性が妊娠・出産のために仕事を休む際に、給料が貰えなくなった際の保障。

支給される期間は、出産日予定日前の42日間、出産後の56日間。

出産育児一時金

健康保険の加入者とその家族が出産した場合に現金給付を受けられる制度。

金額は子ども一人あたり42万円程度が支給される。

 災害給付資金交付事業

構成組合の災害給付(水震火災により組合員の住宅又は家財に損害を受けたときの給付)。

保健給付事業

構成組合の保健福祉に関する事業を行います。例えば、腹部超音波検査やマンモにかかる費用の補助があります。

宿泊施設の経営

私学共済の加入者に割引のある施設がある。全国に保養所を有している。




私学共済の保険料率は低い

私学共済の保険料率

参照年度 H30: 協会けんぽ, 組合健保, 私学共済. H28:共済組合.

但し、40歳以上で支払う介護保険料率1.125%を除く。

短期給付掛金率4.241%。(福祉事業分含む)は、とても安いです!

 

私学共済に加入している法人は?

メリットいっぱいの私学共済へ加入(転職)したい方は、まずこちらの記事を参考にしてください!

  • 私立大学校 

私立大学についてはこちら☞私立大学のお仕事。給料や職場環境、福利厚生など

  • 私立専門学校

私立専門学校についてはこちら私立専門学校のお仕事。給料や職場環境、福利厚生など

コメント

  1. […] 私学共済についてはこちらの記事を参考にしてください♪ […]

  2. […] 私学共済のメリットについてはこちらの記事を参考にしてください♪ […]

  3. […] 私学共済について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい♪ […]

  4. […] 私学共済の特徴とメリット […]