アメリカ公認アスレティックトレーナー

シェアする

NATA公認アスレティックトレーナー

National Athletic Trainers’ Association(NATA)は1950年に設立されたアメリカ医学会認定の職能団体です。

NATAが認定したトレーナーは、Certified Athletic Trainer(ATC)と呼ばれます。

国際的知名度が高く、世界中からATCを取得するために大学へ留学してきます。

それだけ影響力のある資格です。

ATCは独立した職業で、プロ、高校や大学でのアマチュアスポーツ現場で選手を支える必要不可欠な存在です。

日本にも日本体育協会が認定する公認アスレティックトレーナー(AT)の資格があります。

日本のプロスポーツや社会人のトレーナーとして働いているスタッフの大半は、ACの資格を取得しています。

それだけ、日本のスポーツ界では有名な資格です。

ATCを取得するメリット

ATCを取得するためには高い英語力が必要です。ATCを取得している=英語がペラペラという事です。

日本のスポーツ選手も国際大会で活躍しており、トレーナー兼通訳は、需要が高いです。

また、ATCには情報共有のツールがあり、常に最新のスポーツ科学のノウハウを得ています。

ATCを取得するための条件

  1. CAATE(アスレティックトレーニング教育認定委員会)が公認する4年制大学、もしくは、大学院のアスレティックトレーナープログラムを卒業すること
  2. 決められたインターンシップの時間数をクリアすること(700時間~800時間)
  3. 大学もしくは大学院を卒業後、BOC certification exam(認定試験)に合格すること

1と2の基準を満たすことで受験資格が得られます。

資格取得の認定試験に合格することで初めて、資格取得者(ATC)となることができます。




日本とアメリカのアスレティックトレーナーの違い

アメリカ 日本

資格の種類

国家資格

認定資格

立ち位置

準医療従事者

医療従事者ではない

知名度

高い

低い

取得条件

4年制大学or大学院卒業

協会指定の研修終了or推薦

活躍の場

あらゆるスポーツの現場

学生、社会人、プロ

資格更新 有(有効期限2年)

有(有効期限4年)

アスレチィックトレーナー学部をもつ大学の例

アーカンソー州立大学(アーカンソー州)

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校(カリフォルニア州)

サンディエゴ・メサ大学(カリフォルニア州)

ミズーリバレーカレッジ(ミズーリ州)

マーレイ州立大学(ケンタッキー州)

サウスイーストミズーリ州立大学(ミズーリ州)

コネチカット大学(コネチカット州)

南ミシシッピ大学(ミシシッピ州)

ウィーバー州立大学(ユタ州)

ウィチタ州立大学(カンザス州) などなど

アメリカにはATCになるために必要なCAATE(Commission on Accreditation of Athletic Training Education)に認められた大学が沢山あります。

そのため、日本から渡米する場合、どこの大学に行くか悩みますよね。

日本の学生の内に短期留学でATCの仕事体験ができれば、イメージが湧きやすいです。

日本にもATCの資格を持つ方はいるので、SNSで繋がりを作り、コンタクトを取ってみては如何でしょうか。

渡米して資格を取得する位熱い思いを持った方達ですので、必ず親身に相談に乗ってくれますよ。




ATC取得のための学費

アメリカ留学にかかる費用は、渡米料(航空券)、授業料、寮費、食費などです。

授業料は大学により幅があります。

アメリカの場合、卒業後の就職支援もしっかり行われています。

おおよそですが、学費を3年でpayさせる就職支援があります。

高い学費の大学ほど、卒業後の道が開けると思われます。

・授業料

110万円~350万円

・寮費(食費込み)

60万円~120万円

実際にアメリカでATCとなった方の経験談はこちら“アメリカ公認アスレチィックトレーナー資格の取得体験”

コメント

  1. […] アメリカのATについてまず予習したい方⇒”アメリカ公認アスレティックトレーナーとは❓❓” […]