宮崎県の未来と医療者のニーズ

シェアする



宮崎県

宮崎県といえばマンゴーやチキン南蛮が有名です。東国原英夫(そのまんま東)が知事になったことで、知名度が上がりました。「どぎゃんかせんといかん」が印象に残っています。

宮崎県は南国のような気候であり、ヤシの木が宮崎県で多く見られます。また、サーフィンなどのマリンスポーツを目的に、観光客や移住者も多いです。

南国気質の宮崎県の医療情勢はどうなっているのでしょうか。宮崎県の作成した保健医療計画と地域医療構想から、今後の医療従事者のニーズについて考えていきます。

宮崎県の人口

(2019.4.1)
総数:1,073,228人
男性:504,841人
女性:568,387人

宮崎県は人口約107万人ですが、2030年までに100万人を下回る予想となっています。高齢者に着目しますと、2025年以降は高齢者が減少に転じる予想です。




宮崎県の高齢化率は31.7%

(2018.10.1)

宮崎県の高齢化率は30%を超えており、2025年には35%を上回る予想です。2030年以降は、なだらかに増加していきます。

宮崎県の二次医療圏と地域医療構想区域

宮崎県は7つの医療圏と梗塞域に分かれています。県庁所在地の宮崎県は、宮崎東諸県にあります。東側は海に面しており、サーフィンなどのマリンスポーツが楽しめます。

宮崎県の病院数、診療所数

宮崎県の人口に対する病院数は、全国平均と比べて約2倍と多いです。診療所数も全国平均よりやや多くなっていますが、地域差が見られます。

宮崎県の病床数

宮崎県の人口に対する病床数は全国平均を上回っています。特に、診療所病床が多く、全国平均の3倍です。

宮崎県の医療従事者数

医師・看護師

宮崎県の人口に対する医師数は全国平均より充実していますが、地域差がみられ、主に宮崎市と延岡市に集中しています。看護師数も充実しており、准看護師は全国平均の2倍となっています。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

宮崎県の人口に対する理学療法士数、作業療法士数、言語聴覚士数は全国平均並みです。特徴として、作業療法士が全国平均よりやや高いです。

宮崎県の今後の医療方針


宮崎県では20205年にかけて約3700床が過剰となる試算です。宮崎県は高度急性期病床が少なく、急性期病床が多いのが特徴です。そのため、今後は急性期病床が過剰となります。一方で、回復期病床は2500床不足するため、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のニーズは今後も高まると予想されます。また、過剰となる慢性期病床は在宅医療へシフトしていくため、訪問診療や訪問看護、訪問リハビリのニーズも高まりそうです。

宮崎県リハビリテーション協会と活動

一般社団法人 宮崎県理学療法士会(会員約1200名。2019.5.1現在)
一般社団法人 宮崎県作業療法士会(会員約550名。2019.5.1現在)
宮崎県言語聴覚士会(会員約約100名。2019.5.1現在)

宮崎県の全国ランキングベスト3圏内

・焼酎消費量
・砂糖消費量
・胆嚢がん死亡率
・子宮がん死亡率
・小児科医師の少なさ
・准看護師比率
・年間快晴日数
・男性肥満率
・年間降水量

宮崎県民の年収

宮崎県の平均年収:365万円
平均年齢:43.3歳
平均勤続年数:11.2年

宮崎県の県民性

・楽天的
・のんびり
・マイペース
・南国気質

宮崎県の医療需要と転職・求人まとめ

宮崎県は高度急性期病床が少ないですが、急性期病床がとても多いです。そのため、2025年までに約5200床の急性期病床が過剰となります。一方で、回復期病床、在宅医療は不足するため、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の需要は今後も高まると考えられます。しかし、それも高齢者が減少に転じる2025年までだと予測されるため、転職するなら今が絶好の機会です。



宮崎県への転職を考えている方はこちらの記事を読んで下さい。
給料を上げる方法や転職のコツを載せています♪

転職サイトランキング、転職のコツ(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)

コメント

  1. […] 法士 69.0 / 58.5 作業療法士 42.5 / 34.6 言語聴覚士 11.8 / 11.9 保健医療計画に人口10万対でしっかりと記載されていました。 宮崎県まとめ⇒宮崎県の保健医療計画と地域医療構想 […]