香川県の将来と医療者のニーズ

シェアする



香川県

香川県は瀬戸内海に面した温かく過ごしやすい気候です。ソウルフードの香川うどん、讃岐うどんは有名です。また、お遍路の四国八十八ヶ所霊場の札所のうち、香川県には第66番札所から第88番札所の23ヶ寺があります。

オリーブアイランド小豆島の観光客が増えている香川県の医療の現状は?香川県の作成した保健医療計画と地域医療構想から、今後の医療従事者の需要について考えていきます。

香川県の人口は減少傾向

(2019.4.1現在)
総数:956,630人
男性:463,663人
女性:492,967人

香川県の人口は約950万人ですが、2030年には800万人代となるよそうです。また、高齢者は2020年以降、減少に転じます。

香川県の高齢化率は31.5%

(2018.10.1現在)

香川県の高齢化率は30%を越えています。2020年以降も少しずつ増加し、2040年には37%に届く見込みです。




香川県の二次医療圏と地域医療構想区域

香川県は3つの医療圏、構想区域に分けられます。以前は5つでしたが、地域医療構想作成の際に3つとなり、その後、保健医療計画も3つに見直されました。

香川県の病院数

さすが四国です。人口に対する病院数、診療所数は、全国平均より多くなっています。

香川県の病床数

病院数と比例して、病床数も全国平均を上回っています。しかし、小豆は一般病床が少なく、療養病床が多いです。

香川県の医療従事者数

医師・看護師

病院・病床数と比例して、医師、看護師数も全国平均を上回っています。しかし、小豆は全国と比較しても、不足しています。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

香川県の理学療法士、作業療法士数は人口に対して全国平均を上回っています。しかし、言語聴覚士は全国並みです。香川県には言語聴覚士養成校がないことが原因かと思われます。

香川県の今後の医療方針

香川県では2015年から2025年にかけて約2100床が過剰となります。急性期病床と慢性期病床が過剰となりますが、回復期病床が不足します。そのため急性期病床から回復期病床への転換が行われます。回復期病床に必要な、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の需要は高まると予想されます。

香川県リハビリテーション協会

一般社団法人 理学療法士会(会員数1076名。2019.2.1)
一般社団法人 作業療法士会(会員数約620名。2019.2.1)
一般社団法人 言語聴覚士会(会員数調査中)

香川県の全国ランキングベスト3圏内

うどんそば消費量
しめじ、タコ消費量
牡蠣消費量
麻酔科、整形外科医師数
透析患者数
がん死亡率の少なさ

香川県は透析患者が多いと聞いていました。今回のランキングでは透析患者数がカウントされていませんでした。

香川県民の年収

平均年収:441万円
平均年齢:42.7歳
平均勤続年数:12.5年

香川県の県民性

保守的
温厚
人当たりが良い
見栄っ張り
利己的

香川県の医療需要と転職・求人まとめ

香川県は人口950万人で高齢化率は30%を越えています。香川県の地域医療構想では、2025年にかけて約2000床が過剰となり、急性期病床から回復期病床への転換が行われる予定です。そのため、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の需要が高まりそうです。しかし、全国と比べて医療従事者が多いため、高齢者が減少に転じる2020年までに転職することをおススめします。

香川県への転職を考えている方はこちらの記事を読んで下さい
給料を上げる方法や転職のコツを載せています♪

転職サイトランキング、転職のコツ(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)

コメント

  1. […] 法士 73.2 / 58.5 作業療法士 51.4 / 34.6 言語聴覚士 14.2 / 11.9 保健医療計画に人口10万対でしっかりと記載されていました。 香川県まとめ⇒香川県の保健医療計画と地域医療構想 […]

  2. […] 香川県の医療情勢について詳しく知りたい方⇒香川県の保健医療計画と地域医療構想 […]