北海道の将来と医療者のニーズ

シェアする

北海道

日本が誇る「食の王国」北海道です。日本列島の中で、北海道は最北(北緯41度21分~45度33分)に位置します。面積は83,457km2で国土の約22.1%を占めています。都道府県の中では最も広く、東京都の39.7倍です。山地は全体のほぼ半分を占めますが、山地や傾斜地が少なく、なだらかな土地が多いのが特徴です。周囲は、太平洋、日本海、オホーツク海の3つの海に囲まれてます。対馬海流とリマン海流、日本海流と千島海流がそれぞれ交差しているため、世界有数の漁場となっています。

北海道の人口と高齢化率

人口(平成30年1月1日現在)

市区町村名 人 口(人) 世帯数
北 海 道 2,522,526 2,817,013 5,339,539 2,772,845

人口10万人以上の都市(平成30年1月1日現在)

市区町村名 人 口(人)
札幌市 913,077 1,039,271 1,952,348
小樽市 53,652 65,296 118,948
苫小牧市 84,073 88,300 172,373
函館市 119,518 143,001 262,519
旭川市 158,223 181,988 340,211
北見市 56,470 62,317 118,787
帯広市 80,024 87,629 167,653
釧路市 81,111 91,280 172,391

高齢化率(平成30年1月1日現在)

北海道の高齢化率28.1%(全国20位)

市町村名 高齢者率
小樽市 39.0%
函館市 33.9%
旭川市 32.3%
釧路市 32.0%
北見市 31.8%
帯広市 27.9%
苫小牧市 27.6%
札幌市 26.2%

北海道保健福祉部HPを参考

医療の現状

医師不足

北海道全体で見ると、人口あたり医師数は全国平均を上回っています。しかし、面積あたり、100病床あたりでは最低レベルです。労働実態で見ると最も厳しい地域です。二次医療圏別で見ると、最高の上川中部圏(旭川など)と最低の根室圏では約3倍の格差があります。市内に大病院が集中し、郡部では常に医師不足です。「絶対的不足」のうえに「地域格差の拡大」があります。とりわけ深刻なのは産科・小児科です。

看護師不足

看護職員は人口あたりでは全国平均を大きく上回っています。しかし、100病床あたりでは全国平均を下回り44位です。

二次医療圏ごとでは2倍強の格差があります。都市部の大病院に引き抜かれ、格差が拡大する傾向にあります。

広大な無医地区の存在

無医地区とは、「医療機関がなく、半径4km内に50人以上居住している地区で、容易に医療機関を利用できない地区」を言います。北海道は無医地区が多いのが特徴です。過疎地域では医療機関がますます遠くなっています。

自治体の赤字経営

民間病院がない自治体は、公立病院が地域の医療を確保する役割を果たしています。しかし最近では、医師不足、赤字経営、国の地方交付税の削減もあり、存続が困難な地域が出てきます。全国の中でも自治体財政が最も厳しい北海道では、「第二の夕張」にならないために、病院の赤字を改善するように圧力が強まっています

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士協会

道南支部

空知支部

日胆支部

道北支部

札幌支部

十勝支部

石狩支部

釧根支部

後志支部

道東支部

公益社団としての取り組み

1)行政等が設置する各種諮問委員会等への委員の派遣

北海道地域リハビリテーション協議会

札幌市地域リハビリテーション推進協議会

高齢者等住宅改善支援システム推進連絡協議会・住宅改善指導チーム委員

北海道総合在宅ケア事業団理事会

がん患者等支援専門部会

札幌市在宅福祉サービス協会評議員

北海道マラソン組織委員会委員・実行委員会委員  etc…

2)講師の派遣

社福法人札幌市福祉事業団運動能力向上トレーニング事業講師派遣

高野連メディカルサポート  etc…

3)健康増進事業

市民公開講座の開催

いきいき福祉・健康フェア

道内各市町村健康祭り等への参画

道内各スポーツ事業等への参画  etc…

県民性

  • 男女共にマイペース
  • 好奇心が旺盛
  • 新しい物が好き
  • 流行の発信地
  • 行動力がある
  • 独立心も強い
  • 裏表がない
  • おおらかな性格
  • 一本芯がある気質の方が多い
  • 保守的・合理的
  • 甘えや依頼心を強く持った方も多い
  • 男性は物腰の柔らかい方が多い
  • 拘束されることを嫌い
  • 愛郷心が強い
  • 女性のほうが男性よりが積極的
  • 女性は現実主義

北海道の全国ランキングベスト3位圏内

  • 食料自給率
  • 豚肉消費量
  • その他の肉消費量
  • バター消費量
  • 米消費量
  • メロン消費量
  • ほたて消費量
  • ベーコン消費量
  • サケ消費量
  • 喫煙率
  • がん死亡率(女性)
  • 肺がん死亡率
  • 膵がん死亡率(女性)
  • 勤務医比率
  • 働く女性の育児参加率
  • 高齢者の生活保護受給者数  etc..

北海道は食料自給率が高いため、食料品の物価が安いです。都道府県でも人気の勤務地であり、医師の比率も高く、医療が充実しています(都市部のみすが…)。一方で、がん死亡率が高く、高齢者の生活保護受給者数が多いなどの問題も抱えています。

年収

北海道の平均年収
415万1100円
平均年齢:43.4歳
平均勤続年数:11.1年

年収ガイド参照https://www.nenshuu.net/

まとめ

病院や施設などは札幌市を中心とした中心市街地へ集中してます。北海道は広大な土地であるため、過疎化の進む地域が多い。無医地区もあり、医療格差が広がっています。観光地としての人気が高いです。プロ野球やプロサッカーチームもあり、カーリングなどでも有名です。すすきのなど、歓楽街も充実しています。冬の大雪さえ慣れてしまえば、台風も来ない住み心地の良い地域といえます。

北海道の病院や施設へ転職を考えている方は、こちらの記事を読んでください。

転職前に知っておきたい豆知識や転職のコツを載せています。

この記事を読まれている方は、今の職場へ不...

コメント

  1. […]  / 58.5 作業療法士 ? / 34.6 言語聴覚士 ? / 11.9 保健医療計画には記載されているが、人口1万対で計算されていました。 北海道まとめ⇒北海道の保健医療計画と地域医療構想 […]