岐阜県の将来と医療者のニーズ

シェアする

岐阜県

織田信長が命名したといわれる岐阜県。日本のほぼ真ん中に位置しており、東京、大阪、名古屋へのアクセスが良いです。岐阜県の8割は森林が占めており、木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)に囲まれます。そのため、自然エネルギーを用いた発電も盛んです。飛騨牛や鮎、農作物が有名です。岐阜県は製造業の会社が多いです。また、岐阜県へマイホームを建て、名古屋へ通勤する人も居ます。

岐阜県の人口は減少傾向

総人口:1,998,495
男性:969,228
女性:1,029,267

岐阜県の人口は200万人を下回っており、2030年には190万人を下回る予想です。65歳以上高齢者は、2025年から減少へ転じます。

高齢化率は29.6%(2019.1現在)


岐阜県の高齢化率は2020年には30%を超えて推移していきます。

岐阜県の地域医療構想の構想区域

岐阜県の地域医療圏は5つに分けられます。県庁所在地である岐阜市は、岐阜にあります。

医療従事者数は医師が不足している

岐阜県の医療従事者数

岐阜県の人口に対して医師は少ないです。県庁所在地である岐阜市のある岐阜構想区域のみ、全国平均より多くなっています。看護師のは岐阜県全体で、全国平均と比べて大差ないです。

岐阜県の今後の医療方針は病床削減

岐阜県は人口減少と高齢化により、2025年に向けて2375床が過剰となります。特に急性期病床は約4500床過剰となります。今後は急性期病床を不足する回復期病床へ転換しつつ、過剰となる慢性期病床を減らし、在宅へ移行する施策となってます。

リハビリテーション協会と活動

公益社団法人 岐阜県理学療法士会(約1500名所属)
一般社団法人 岐阜県作業療法士会
岐阜県言語聴覚士会
・こども福祉展
・介護の日フェアの参加
・学術大会の運営 etc…

全国ランキングベスト3圏内

日本食・すし外食費用
・ハム消費量
・乳酸菌飲料消費量
・小児科医師比率
・胃がん死亡率
・男性国際結婚率
・外国人研修生・技能実習生数
・在日フィリピン人
・外国語会話教室数
・製造業事業所数
・ビール消費量の低さ

外食の頻度が多いことが、胃がん患者の多い原因の一つと考えられます。工場で働く外国人が多く在住しています。

岐阜県民の年収は少し高め

<岐阜県2017年データ>
平均年収:446万円
平均年齢:42.5歳
平均勤続年数:11.9年

岐阜県の県民性は,,,

安定志向
・身内に優しい
・論理的思考
・閉鎖的
・排他的

まとめ

岐阜県地域医療構想を基に、岐阜県の医療の現状と今後をまとめました。岐阜県の人口は減少し、高齢化率も全国平均より高いです。看護師は全国平均より充足していますが、医師は不足しています。今後は約4500床が過剰となることから、病院に勤務する医療従事者数は減ると予想されます。しかし、在宅医療の需要は高まるため、在宅医や訪問看護師の重要が高まります。また、回復期病床が約3600床不足するため、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の需要も高まります。しかしそれは2025年までだと考えられます。高齢者が2025年以降は減少に転じるため、転職するなら今が絶好の機会です。

岐阜県への転職を考えている方はこちらの記事を読んで下さい。
給料を上げる方法や転職のコツを載せています♪

この記事を読まれている方は、今の職場へ不...