愛媛県の未来と医療者のニーズ

シェアする



愛媛県

愛媛県といえば、「みかん」をイメージされると思います。事実、愛媛県もみかん推しです。観光地としては、松山城や宇和島城などもあります。

愛媛県は紙・パルプの日本有数の産地であり、新居浜・西条圏域は、住友金属鉱山、住友化学、住友重機械工業といった住友グループの企業城下町として名高いほか、関連の中小鉄工をはじめ、半導体等の工場立地も見られる工業都市圏があります。他に、三浦工業やネット通販のフジの本社があります。

全国で唯一、神名がついた愛媛県の医療の現状は?愛媛県の作成した保健医療計画と地域医療構想から、今後の医療従事者の需要について考えていきます。

愛媛県の人口は減少傾向

(2019.4.1)
総数:1,342,459人
男性:634,744人
女性:707,715人


愛媛県の人口は130万人をこえていますが、2025年には120万人台となる予想です。それ以降も人口減少は止まらず、2040年には100万人となります。

愛媛県の高齢化率は31.58%

(2018.4.1)


愛媛県の高齢化率は全国平均より高く、2040年にはついに40%の大台にのる予想です。




愛媛県の二次医療圏と地域医療構想区域

愛媛県の二次医療圏と構想区域は6つに分けられます。県庁所在地である松山市は松山にあります。

愛媛県の病院数、診療所数は多い

愛媛県の病院数、診療所数は人口に対して全国平均より多く、充実しています。どの医療圏を見ても、病院は全国平均を下回りません。

愛媛県の病床数は多い

愛媛県の一般病床、療養病床は、人口に対して全国平均より多く、充実しています。

愛媛県の医療従事者数

医師・看護師


愛媛県の医師は全国平均よりやや多いです。看護師は、人口に対して全国平均を大きく上回っています。

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士

愛媛県の理学療法士、言語聴覚士は全国平均並みです。作業療法士は全国平均と比べてとても充実しています。

愛媛県の今後の医療方針


愛媛県では2025年にかけて約5800床が過剰となる試算です。特に、急性期病床、慢性期病床が過剰となります。回復期病床のみ不足してくるため、急性期病床から回復期病床への転換が必要となってきます。慢性期病床は、在宅医療へシフトしていきますが、2016年の在宅医療推計が記載されていなかった為、需要の伸び率は不明です。

愛媛県リハビリテーション協会と活動

公益社団法人 愛媛県理学療法士会(会員数1500名以上。2019.4.1)
公益社団法人 愛媛県作業療法士会(会員数1100名以上。2019.4.1)
愛媛県言語聴覚士会(会員数220名以上。2019.4.1)

愛媛県の全国ランキングベスト3圏内

100歳以上高齢者数(男性)
肝がん死亡率
年間晴れ日数
小学生通学時間
小学生学校快適率
中学校完全給食実施率
みかん消費量
愛媛県は年間を通して気候に恵まれており、中学生までは学校給食もある地域が多いことから、小中学生の学校快適率も高く、長寿の高齢者が多いですね。みかんも健康の秘訣でしょうか。

愛媛県民の年収

平均年収:414万円
平均年齢:42.9歳
平均勤続年数:11.8年

愛媛県の県民性

人見知り
地元仲が良い
のんびり屋

愛媛県の医療需要と転職・求人まとめ

愛媛県は人口こそ四国の中では多いものの、全国平均を上回る高齢化率となっています。病院や医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士は充実しており、今後約5800床の病床が過剰となる予想です。回復期病床は不足してきますが、2025年以降は高齢者が減少してくることを考えると、需要は2025年以降落ち込むと考えられます。そのため、愛媛県の転職は今が絶好の機会となっています。
愛媛県への転職を考えている方はこちらの記事を読んで下さい。
給料を上げる方法や転職のコツを載せています♪

転職サイトランキング、転職のコツ(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)

コメント

  1. […] 愛媛県の医療情勢について詳しく知りたい方⇒愛媛県の保健医療計画と地域医療構想 […]

  2. […] 理学療法士 ? / 58.5 作業療法士 ? / 34.6 言語聴覚士 ? / 11.9 保健医療計画に100床あたりの人数が記載されていました。 愛媛県まとめ⇒愛媛県の保健医療計画と地域医療構想 […]